English First Step for 18+ 東京セミナー予定

English First Step for 18+ 東京セミナー

現在準備中&終了したセミナー

1.【偏差値49以下の男子学生限定】アメリカ大学留学セミナー

2.英会話のできない国からの脱却を目指して。AMEIS事業発表:月島E-MBAゼミナール(18年7月29日終了)

3.(外部講師による)50歳からの仮想通貨ブロックチェーン

 


1.セミナー【偏差値49以下の男子学生限定】偏差値49以下でもアメリカの大学を卒業!!

 

このセミナーでは、アメリカ大学留学によって今までの人生を一変させたいが、日本で偏差値が低い事を負い目に感じていたり、海外での生活に不安を感じている男子学生さんに、同じ立場でアメリカの州立大学を卒業した成功者としてセミナーを通じアドバイスを送る目的で開催されます。

 

アメリカに留学をしたいが、今一歩踏み出せない学生さんに多い悩みと言うのが、日本国内での学歴が低い事で、渡米しても結局結果が出ない事を恐れてしまうという事です。英語の成績も低かったため、コミュニケーションすら円滑に進まないのでは、お金が無駄になるのではという不安もあります。

 

■アメリカ大学留学をするかしないかを、いま見えている事だけで決断しないでください。

 

アメリカの大学留学には、経験者、成功者にしかお伝え出来ないメリットデメリットが存在します。

 

簡単にメリットデメリットと書いてありますが、この体験の中には人生を何度も一変させるほどの力が含まれています。

 

しかも私は留学斡旋業者の様に代行サービスを売りつけているのではないので、甘いメリットは一切お伝えしません。

本当にあった辛かった怖かったデメリット体験も隠さずお伝えします。(斡旋業者はこの手の話題を使って保険とか現地サポートを押し売りします。)

 

 

甘い気持ちでメリットを求めては欲をかいて失敗します。

 

不安な気持ちが強すぎると人生を素晴らしいものにするチャンスを失う事があります。しかし不安点を現地日本人サポートや過度の保険に頼っては物事を自分の力で解決できない甘い成人になってしまいます。

 

最終決定するのは男子学生さんと保護者さんです。

 

しかし決断を下す前に、

学歴が低くともどのような場合であればアメリカ大学留学は成功するのか、

どのような場合に失敗するのかを学んでください。

 

■男子学生さん限定です。

 

男子学生さん専用の時間も本セミナーに存在します。その時間帯は女性の保護者の方には申し訳ありませんが、しばらく退場していただく事になります。ロビーにソファーが沢山ありますので、そちらでお時間を過ごしていただくか、隅田川の側なので川沿いを歩かれてはいかがでしょうか。

 

日本人男性としてアメリカ国内でも自信をもって生活するためには、保護者の方に聞かれては中々本音を言いづらい男子生徒さんもいらっしゃるからです。もちろん公序良俗に反する内容には一切触れません。

 

さらに何故かというと、私自身が高校偏差値45で、勉強もできない特技も無い学歴社会では最底辺の男子学生であり、今同じような境遇にある学生さんの気持ちは手に取るようにわかるので元気づけてあげたいからです。自信をつけさせてあげたいからです。

 

当時の私は勉強はしない。でも大学には行きたい。(日本の入試はもちろん全滅でした。推薦入試ですよ(笑))将来就職できる自信が無い。一生アルバイトを転々として生きていくのだろうか、彼女なんてできる気配もない。結婚も無理だろうな。なんて不安に駆られた毎日でした。日本経済も低迷まっしぐらで、良い経済のニュースは全く聞けず、国の借金が増える、どこも倒産してリストラ。増税、日本は空洞化、中国は発展。

良いニュースが内側も外側も一切ない、人生に不安と悲しみと恐怖しかありませんでした。

 

ですが現在、経済に関しては私は何もできないですが、自分の生活を守るために日本の経済政策に頼らないという対策は完全に身についています。現在は自分の会社と仕事を持ち、結婚も2周年を迎え、技術の学習は常に行っています。(特にインターネット広告、健康になる方法、資産運用関連、英会話コミュニケーション。この分野に関しては学習と実行の結果、相当の知識量になりました。これはセミナー中でも後でもいつでも質問頂いて結構です。日本経済を不安視する必要が無い事を、高校生さんにでも分かってもらえるように説明できます。)

 

10代の時に偏差値45でも、現在30代で何の不安も無い毎日を送っているのです。本当に毎日充実しています。

 

この変化はどのように起きたのでしょうか?

 

そう、10代で偏差値のレッテルを貼られる事は、別に将来を決定づける事ではないのです。この基本がわかると、学生さんは自身の可能性の扉を閉める事はありません。

私のセミナーは、このように不安を持つ必要はない事を理解してもらう事の話から致します。

これは留学には関係ないように聞こえますが、この考えは、留学した後に非常に重要なのです。

 

大学留学したら、失礼ですけど最初の段階は余り質の高くないアメリカ人と学習する事になりますが、アジアからやってくる中国やAseanの留学生は別物です。彼らは本国でし烈な競争の中に育ち、留学後も貪欲に吸収し、1つでもランクの高い大学を目指して日々学習を重ねています。

我々のライバルはアメリカ人学生ではなく、アジア人留学生なのです。

 

 

日本の男子学生さんが、今まで偏差値が49以下だった生活スタイルや学習スタイルで留学をしてしまうと、はい。すぐに落第です。これは脅しではなく本当です。私自身の初期が本当にそうだったからです。

ですが、これを今までなぜ学習ができなかったのか?やる気を出す方法が他にもなかったのか。

私自身偏差値45を自負していますから、皆さんと同じ状況でした。しかし、独自の学習方法を編み出し、更に継続力を生み出すやる気の作り方も編み出しました。この方法をセミナーで参加者さんにお伝えします。

 

効果は抜群で、私自身が高校時代特に英語が苦手だったのが、上記の方法で、高校二年から英語Ⅱの試験で(偏差値45の高校ですが)学年トップを取り続ける事が出来ました。

 

シアトルの短期大学では、アメリカ人でさえ学期中に逃げ出したり、教授評価で厳しすぎるという Mr. James HubertのMacro EconomicsとMicoro Economicsで現地の学生を含めて最高の成績を修める事が出来ました。4.0と3.9。日本人留学生の間でも誰がそんな好成績をとったのかと噂になってました。私だというのは黙ってましたけど。

 

何度でもお伝えしますが、私の中学から高校時代は思い出すのも馬鹿らしい何の意義も無い生活を送っていました。

中学時代は家に帰ったらゲーム三昧。ファイアーエムブレムのレベル上げやドラゴンクエストではぐれメタル狩り。夜になったら志村けんさんのだいじょうぶだぁをゲラゲラ笑って見て寝ると。

高校時代は、15:30に学校が終わるのですが、そこから駅まで猛ダッシュ。最寄り駅に到着してからチャリ猛ダッシュ!なぜか?

17:00から日本テレビでアニメシティーハンターの再放送、17:30からルパン三世の再放送。それだけが楽しみの毎日です。

バレーボール部に一応所属していましたが、本気で部活したいのではなく、バレーを楽しみたいだけだったので、軽い練習にも関わらず休みがちになり、仲の悪い嫌だった先輩の悪口をたまたま2年間で初めて同級生に言ったら、その嫌いな先輩が真隣にいたというタイミングの悪さ。それを元に辞めました。

 

おそらく、セミナー参加の男子学生さんが、「俺そこまで酷くないわ」と言われるような人生だったと思います。

 

でもこんな10代でも、生まれ変われるのです。

それは留学も一つの要因でした。

 

でも本音を言います。

 

■本当に大事なのは、思考と行動を変え、習慣化する事が一番大事なのです。

 

私はアニメ見て学校行く。勉強はしないという学歴社会では劣等生です。この堕落した思考と行動と習慣のまま、留学してうまくいけばいいな~だったら恐らくシアトルでも何十人見ました、日本人を含め何もできずに祖国に失意のまま帰国する留学生。私もその一人になっていたはずです。

 

しかし学歴の負い目を捨て、18歳の頃から始めた読書により幅広い視野意見感情興味を持つことにより、シアトルで出会った私よりはるかに学歴が高い各国留学生さんや、日本から来た早稲田くん京大くんとも対等に付き合う事が出来ました。向こうが対等に付き合おうとしない場合はすぐに疎遠になりましたけど。

 

留学は地元アメリカ人を含め、世界各国からやってくる移民や留学生とのある意味国民性の戦いの場でもあります。

日本では、謙虚とか譲歩とかでそこそこ生きていけます。しかしそこには決断力、リーダーシップ、主張力というこれから国や会社を頼って生きてはいけない世代に必要な能力が得られるでしょうか?

 

この事は留学の基本です。この基本を18歳の時の私の様に悩んでいる男子学生さんにお伝えしたいのです。

 

今は不安や恐怖に感じる事など一切必要はない事を。

 

繰り返しですが、このセミナーでは、アメリカ大学留学によって今までの人生を一変させたいが、日本で偏差値が低い事を負い目に感じていたり、海外での生活に不安を感じている男子学生さんに、同じ立場でアメリカの州立大学を卒業した成功者としてセミナーを通じアドバイスを送る目的で開催されます。

 

私と直接話す事により、アメリカでは立場の弱いアジア人男性として、どのように白人男性に立ち向かっていくか、どのように日本人男性として尊敬を集めるか。そして集団の中で存在感を示し、更に学業を軌道に乗せ、幸せなアメリカの大学の卒業式を迎え、さらに現地での就職の可能性を探る。

また留学資金でお悩みの方、私がどのようにアメリカで無償の奨学金を2年間得られたのか。その体験談も含みます。それに加えて最低限の生活を保ちつつ生活費を切り詰める方法、合法的に食費程度のお金を稼ぐ方法等サバイバルチックな点も当日の時間に有無によりますが、

ここまでお伝えします。

 

そのうえで、男子学生さんと保護者さんは留学の決断を行ってください。

 

会場では質問をトコトンしてください。納得してもらえるまで。

セミナー時間は会場を3時間取ってありますが、私がメインとなってお話しするのは最長2時間です。残りは全て質問や学生さんとの個々で励ます時間となっています。

 

■募集要項になります。

 

募集 18名  先着予約順。キャンセル待ち可能。

申し込みフォームには必ず保護者様のお名前とご連絡先を入力していただく必要があります。

・男子学生さん1名につき1名とカウントします。

・男子学生さん1名とその保護者様1名のペアも1名とカウントします。(1名のみの申し込み費用で参加可能です。ただし1回のセミナーにつき5ペアの方までとさせていただきます。)

・保護者2名様同伴はスペースの関係上参加をお断りいたしています。

・男子学生さんが友人同士で参加される場合、2名なら2名分の申し込み費用、3名なら3名分の申し込み費用が必要です。(ただ出来れば一人で参加していただく事を推奨します。友人同士で参加された場合は席は別々に座ってもらいます。)

※男性特化の話をする時間帯もあり、その時間帯には女性の保護者様には退席していただく必要があります。内容に関しては公序良俗に違反するものではありません。男子学生、息子として保護者様同席の際に質問や会話をし辛さを緩和するため、ご協力をお願いしております。

タイトル上参加し辛い学生さんもいらっしゃると思います。同じ学校の方に会いたくない方は、事前の申し込み段階でお知らせください。同じ学校名の方の申し込みが有りましたら、後の申込者さんはキャンセル待ちへ登録いたします。先着の学生さんを優先して後の申込者さんの参加は不可にします。参加秘密厳守

録画をする事になると思いますが、参加者さんの顔・声は全て編集で消去いたします。公開されるとしてもチェックを重ねて確実に顔が映らない、声が入らない状態となります。(笑い声についてはそのままにさせていただきます。)

 

参加資格

偏差値49以下の男子学生さんのみ(随伴で保護者1名様まで)

偏差値については証明していただく必要はございません。偏差値が50以上の方が役立てる楽しめる内容にはなっておりませんので、ご参加はお控えください。

 

セミナー金額  3500円税込   当日セミナールーム内受付にお支払いください。

 

※キャンセルの場合は前日当日問わず、出来れば礼儀としてメールにてお伝えください。

理由をお知らせいただく必要はありません。

 

メール件名「セミナーキャンセル」

○○です。セミナーキャンセルします。

 

以上で結構です。返信で「セミナーキャンセル承りました。 布川」と返信が届くだけです。

 

セミナー時間は13:00~16:00です

12:30に開場致します。

セミナーは15:00には終了予定です。

残りの1時間は各男子学生さんに対する個別質問や、学生さん同士の交流に使用します。15:00に退出も可能です。

入退室自由。ためにならないと思ったら何も言わずに退出して頂いて構いません。本題の前であれば受講料はお返しいたします。

 

現在2019年開催日検討中です。

 


2.英会話のできない国からの脱却を目指して。AMEIS事業発表:月島E-MBAゼミナール(7月29日予定)

 

このセミナーは一般社団法人において7月29日予定に行う予定のセミナーです。

正式タイトルは【米国および英語事情報告】となっています。

元日本金融政策公庫の先生や、日本や海外で活躍中の事業者様をお相手に30分ほどの講演となっています。

こちらのセミナーは無料ですが、MBAファイナンスの講義も共に受けていただく必要があるため

【事業者様、プロダクトマネージャー様】

 

■日本人が英会話ができない国から脱却させる

人生で15年ほどアメリカで住んだ経験を振り返ると、出会った日本人留学生や駐在員さんの英会話と、ヨーロッパや各アジアの国からやってきた留学生や移民の方を見ると、日本人の英会話は余りにも質が悪く、これがさらにコミュニケーションに非常に害悪を与えています。

私は留学してからただ単に机に向かって学習をしていたのではなく、日本とアメリカ、そして各国の語学センスの違いをずっと観察してきました。その中で日本人にとって英語と言うものは非常に相性が悪い事を発見しました。その理由とさらに対策をお届けできるのは、私が運営しているEnglish First Step for English 18+のみです。

■English First Step for 18+

語学は13歳の壁を越えてしまうと、日本語を母国語として決めてしまう傾向があります。

この年齢を超えてしまうと私たちは乳幼児の様に見て聞くだけで語学を覚えるという事が不可能になります。

また、母国語にない発音は母国語には全く関係ない雑音として処理されます。日本人のがLとRとらりるれのの発音の違いが認識できないのはここに理由があります。

私が見てきた日本人では、一部例外を除いて14歳以上の日本人は日本人にしか理解できない英会話発音しか出来ません。

その一部例外になる方法とは⁉

そして、18歳以上はどのように英会話を学習していけばよいのか。

ネイティヴを目指すのか。目指すべきではないのか?ネイティヴから教わるべきなのか?

全ての間違った常識を正すため、English First Step for 18+は存在します。

2018年6月20日追記:

内容が固まりました

◆AMEIS活動

◆English First Step for 18+

◆義務&高校教育では英会話は伸びない

◆余談:金融庁の陰謀(半分本気、半分冗談の話)

◆米国留学中に見た日本人と各国留学生

以上を30分でお伝えする予定です。

 


英会話学習の間違いを知る

 

その聞き流し教材に支払う前に!

そのハーフの英会話教室に申し込む前に!

そのオンライン英会話

 

英会話を習得したいが、教材が多すぎて迷っている

英会話を習得したいが、資金を抑えたい

 

上記の各英会話教材を利用しても、うまく行く人もいますが、うまく行かない人も残念ながら出てしまいます。

 

この違いは何なんでしょうか?

 

それをここで明かしてしまいます。

■上手く行く人とは、明確な目標を持っている人

■上手く行かない人とは、英会話が出来ればいいな~という漠然な目標しかない人。

上手く行く人は明確な目標に向けて、教材を利用して英会話を上達させます。

 

上手く行かない人は明確な目標が無いので、教材が垂れ流す学習素材をこなせばよいという安易な姿勢になり、向上心が薄れ結果が伸びません。つまり利用されて無駄な時間を浪費します。

 

英会話上達には、まず明確な目標が必要です。

 

■日本語と英語の本質的な違いについて考えた事なんてありませんよね?

皆さん、英会話を学ぼう~なんて気楽に仰いますけど

日本語と英語の違いについて全く今まで教わった事が無いんですよ。

 

まず、この図をご覧ください。

こちらは、各言語がどのくらい【離れている】のかを、私の経験で表したものです。

 

日本語と韓国語は近いので、お互い【学びやすい】言語なのです。

しかしご覧の様に

日本語と英語。両者はとんでもない距離があります。

この距離は・・

気軽にオンライン英会話を学べば習得できる語学

ではありません。

 

English First Step for 18+ 東京セミナーでは、この距離は何故生まれるのかを丁寧に解説いたします。

 

この日本語と英語の違いをしっかりと理解する事によって、日本人の語学習得に何が足りないのかを学ぶ事が出来ます。

 

そして、参加者さん個人個人の弱い部分を見つけ出し、最適な学習方法を教えて差し上げる事も出来ます。しかも、なるべくコストをかけずにです。

 

今は、ネット上で様々な物が無料で手に入る時代です。

 

英語教材に2万円を払わずとも、自分の弱みを補強できる方法さえ分かれば、自分の努力だけで英会話能力を上昇させる事は可能です。

 

もしあなたが日本語と英語の違いを本質から学び、少しでもコストを抑えながら英会話を学びたいのであれば、ぜひEnglish First Step for 18+ 東京セミナーを受講して下さい。

また、講義、セミナーご依頼も受け付けております。下記フォームからご連絡ください。

 


3.(外部講師による)50歳からの仮想通貨ブロックチェーン

一見英会話や留学エディトリアルとは全くかけ離れた内容に見えるでしょう。

仮想通貨やブロックチェーンは投資投機の為に作られたものではありません。

既存の金融利権を一変してしまうほどの新しいシステムです。

私は仮想通貨が表れてくれたおかげで、海外送金と言う今までは銀行の独壇場で甘い汁を散々吸われていたところを、たった1回数百円で行えるという素晴らしい世の中になりました。

ご家族が留学されるとき、今までどの程度の手数料を金融機関に吸い上げられてきたか計算できますか?

銀行は送金だけで安くても3000円、現地の銀行でも3000円取られます。

なんだ6000円?

いえ、銀行の本領発揮は外貨を両替するときです。

3%もの高額な手数料を巻き上げます。

合計で500万円をドルに換金したら、最低でも15万円を銀行に払っている事になります。

さらに帰国するときにドルを日本円に戻す時。この時も3%を徴収します。

これで計30万円です。これだけ消費者として馬鹿にされ続けて

ブロックチェーンは詐欺ですか?仮想通貨は怖いですか?

 

すべて既存権益を維持したい集団の戯言です。

 

50代の方は中々新しい技術情報に疎いです。

現在70歳代でいらっしゃる私の金融の教授はおっしゃいました。

「今さら年寄りから学ぶ事はない。新しい事は全て若い世代から学んでいる。」

 

このセミナーの講師は私ではありません。私と同年代でITに非常に精通したエンジニアが、陶器や投資と言った観念を全て除外し、仮想通貨やブロックチェーンがどのような技術や仕組みで動いているのか、非常にわかりやすく説明してくれます。

 

非常に人当たりの良い先生で、どんな質問にも答えてくれます。

このセミナーを受講後、お父さんお母さん、あなたは

「仮想通貨は詐欺だ」

「ビットコインって倒産したと思ったけど」

等と言う世間から笑われてしまうような意見に対してご自身で説明できるようになります。

 

こちらのセミナーも現在準備中です。

募集は私が所属しているイーシーユナイテッド合同会社より行われます。

 


上記セミナーに関してご質問がございましたら、下記フォームからお問い合わせください。

 

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加