C01 英会話が上達しない

【第099回】その4英会話の真実:発音記号から学ぼう Let’s learn Phonetic symbols

【第096回】その1英会話の真実:発音記号から学ぼう Let’s learn Phonetic symbols

【第097回】その2英会話の真実:発音記号から学ぼう Let’s learn Phonetic symbols

【第098回】その3英会話の真実:発音記号から学ぼう Let’s learn Phonetic symbols

すでにお気に入り登録は済んでますよね。

今後の参照用に有意義です。

発音記号を完ぺきにこなす必要はない。

覚えておいてほしいのですが、

今回学ぶ発音記号を算数の九九みたいに完ぺきにこなす必要はありません。

私がお伝えしたいのは、ネイティヴに近づけるという事です。

今の日本人の一般の発音は残念ながら汚すぎるのです。

これをe æ  ʌ ɑːə とか、ʊ uːの違いを意識するだけで、伝達力が格段に上がります。また、話し相手も無理してあなたを理解しようとする労力が必要なくなります。相手も楽になるのです。

そのため、発音をネイティヴに近づける。これを意識して臨んでください。

下記のハイライトした発音記号を学んでいきましょう。

ɪ e æ ɒ ʌ ʊ iː eɪ aɪ ɔɪ uː əʊ aʊ ɪə eə ɑː ɔː ʊə ɜː ə i u n̩

ɑː American English – AH [ɑ] Vowel – How to make the AH Vowel

ɑːまたBritish Englishばかりだったので、ɑですがRachelさんの映像にしました。は伸ばせばよいだけです。

ʌとの違いは、一瞬か伸びているかです。

 

ɔː American English – AW [ɔ] Vowel – How to make the AW Vowel

ɔɪに出てきましたね。

あーというのですが、Oを発音するように口がかなり閉じています。

ʊə The Differences between /u:/ and /ʊ/, /u:/ and /ʊə/

東南アジアの方かな?多少の訛りがあるのですが、USAネイティヴに近づけるような英会話教育を受けているのでしょう、非常にわかりやすいです。

ʊəは後半から始まります。例文などもありますので、彼女をImitateして発音と共に強弱も併せて練習しましょう。

 

ɜː American English Sounds – UR [ɜ] Vowel – How to make the UR as in BIRD Vowel

 

ドラえもんの口によく出てくる形ですね。(゜ɜ゜)

RachelさんはɜːURと記しています。ɜːはいつもRにフォローされるとの事です。Rの発音が出来ないと難しいですね。

ə American English Sounds – UH [ə] Vowel – How to make the SCHWA Vowel

əです。Schwaと呼ばれる記号です。常に弱いサウンドです。

eをひっくり返した形です。ではありません。の口で弱くを発音して下さい。

about, again= əbout, əgain

i :How to Pronounce the Letter I – American English 

i:の時と同じ映像になります。復習という事です。
日本語のに近いですが、しっかりと口を開いて下さい。
 

u : Vowel Pronunciation – u (uh/oo) 

ʊと合同の映像えすね。

ʊ ウなんですが、口はフラットです。

uは口笛の様な形にしてウです。

 

n̩ : How to End a Word in N [n] or NG [ŋ]: American English Pronunciation

[n] [ŋ]舌のポジションが全く違いますね。

同じにしてしまっても私自身の経験上苦労はありませんでした。ネイティヴ側が予測して理解してくれていたからでしょう。また、単語のみでは[n] [ŋ]の違いは分かりません。そして、いちいち辞書ウェブサイトでチェックも面倒です。こういうのはネイティヴを観察して1つ1つ理解していくしかないのです。

ingとかngで終わる単語は[ŋ]です。

 

次回は・・
 
consonant 子音ですね
 
p,b,t,d,k,g,tʃ,dʒ,f,v,θ,ð,s,z,ʃ,ʒ,h,m,n,ŋ,l,r,j,w,ʔ
 
 
【第100回】その4英会話の真実:発音記号から学ぼう Let’s learn Phonetic symbols 

 

 

 

 

Nature vector created by freepik – www.freepik.com 

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



 

ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。