【第135回】アメリカ人のハンドライティング(手書き)を舐めてはいけない。アメリカ大学留学に役立つ準備編 | 【English First Step for 18+】 18歳からの英会話発音矯正コーチング
【第119回】英会話学習方法Zoom無料相談!偏差値45でもアメリカ州立大学会計学卒業・国際結婚・English First Step18+

【第135回】アメリカ人のハンドライティング(手書き)を舐めてはいけない。アメリカ大学留学に役立つ準備編

09 コロナワールド帰国者&今後の米国留学編

【新チャンネル登録を開始しました‼】
18歳以上の英会話・偏差値45のアメリカ大学留学。全ての動画を5分以内に収め

■聞きやすく■理解しやすい■堅くない
英会話をコミュニケーションツールとして学ぶ方法、偏差値49以下貧乏学生でもアメリカの大学を卒業できた秘訣の公開を続けていきます。【こちらをクリックで登録可能です】

アメリカ大学留学では、アメリカ人の手書きの汚さに慣れておくことも重要

アメリカ留学を志す男子学生さんは、日夜ホームステイ英会話に励んでおられる事でしょう。

しかし重要な事があります。

それは、

義務高校英語教育では、アメリカ人のハンドライティングには一切経験値を積んできていない事です。

アメリカ人の一般的なハンドライティング

あなたにはこれは読めますか?

比較的読みやすいのですよこれは。

日本の英語教育では、冒頭は常に大文字!

とか習いますが、アメリカ人のハンドライティングには単語の途中に大文字が乱立しています

GReAT!!とか書いてありますね(笑)

アメリカ大学留学は手書きの場面はまだまだ存在する

BSU時代のファイナンス450。余りにも小さすぎるので毎回写真を撮っていた

デジタルの時代ですが、授業内で手書きというものはまだまだ存在します。

この文章は僕がシアトルでMath103のプレゼンを行った際の、クラスメートによる手書きの評価です。

凄く一般的な汚さなのですが、このハンドライティングがもし教授のものだったら留学生にとってはかなり厳しい時間となります。

大学の授業ではノートテイキングが試験の得点に直結するので、50分の授業で書き取るだけ書き取らなければなりません。

それがホワイトボードが全く読めない文章だったら…でもアメリカ人学生は既に慣れているので問題なく読めていて。

この留学準備の時点でハンドライティングリーディングを取り入れなければ、大学の授業が始まった時に大きな壁にぶつかり、クラスをFailしてしまう事もありますので、早めにアメリカ人の手書きになれるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました