【第125回】2020年日本人のPresence(存在感)が減りつつある | 【English First Step for 18+】 18歳からの英会話コミュニケーション学習方法
【第119回】英会話学習方法Zoom無料相談!偏差値45でもアメリカ州立大学会計学卒業・国際結婚・English First Step18+

【第125回】2020年日本人のPresence(存在感)が減りつつある

08 コラムオピニオン

世界にとって日本とは魅力が溢れ、尊敬する国

・サブカルチャー
・工業製品
・観光地
・人間性

世界では常に日本は身近な存在であり、これらから賞賛を集める国として有名なのです。

しかし、いくら身近に感じているとはいえ、これらは「日本人」という人ではなく、あくまで製品であり人間性であり、世界の人にとっては「日本人」との交流は中々機会がないのです。

アメリカに留学する日本人学生は年々減りつつある

留学関連のサポートをしていると必ず目にするFulbrightさんですが、興味ある統計を載せてくれていました。

Directories アメリカにおける留学生の統計 / Statistics

1954年から2018年までのアメリカに留学する日本人の留学生が載っているのです。

僕がシアトル留学を開始した1999年の日本人留学生数は……46872人
僕がユタ州で米国生活をしていた2018年の日本人留学生……18105人

なんと28767人の減少であり

61%減です。

ただ現在はベビーブームの狭間が20代前後なので、ある程度日本人留学生が減るのは当たり前なのですが、2030年は同じような状態からさらに減少するのは、経済危機もありさらに日本人留学生が減る可能性が大きいのです。

米国の若者に日本人との交流機会が激減している。

米国に住む日本人は留学生だけではないのですが、活気あふれる大学に日本人が存在しないという事は、米国人が日本人を知る機会が激減しているという事です。

サブカル工業製品にて知日になりさらに日本を好きになってくれるとは言え、実際に日本人に会って交流する事が親日、そして日本を訪れてくれる可能性が高まる一番の要素なのです。

僕なんかはスペインに全く興味は無かったのですが、SeattleにてDavidとVanessaちゃんのカップルと仲良くするようになって結局バルセロナのカタロニアまで飛んでいく事になりましたから。そして今でもスペインというよりも、カタロニアが大好きです。Davidはどっかいってしまいましたが、Vanessaちゃんとは今でも連絡をたまにとります。彼女がカタロニア独立を望むのであれば、サポートもしますし。それはシアトルでの出会いがきっかけとなったのです。

やはり人同士の結びつきが友好を結ぶ一番の要因なのです。

Twitterや質の悪いヤフコメを見ると、特定の国に対しての罵詈雑言が多いです。一応は理解できる部分もあるのですが。そういう国の人たちと米国留学中に何人と仲良くしてきました。そうなると国は国。人は人。そして人それぞれ意見が違う事が見えてきます。

北京出身の中国人中国語教授から言われた言葉。

「日本に支配された事は嬉しい事ではないが、それによって文明がもたらされた利点がある。」

と、もう中年の男性教授からそういわれたことがあり、かなり嬉ショックでした。このように擁護してくれる中国人もいるのだなと。

話はそれましたが…

外国に住む日本人はみんな外交官

外国に住んで、日本人らしい丁寧で礼節を重んじる行動をすると、日本人って凄いな、日本は良い国だなと改めて認識してもらえるのです。

しかし、例えば米国で日本人の存在感が全くないとします。

そうすると、アジア人はまとめてアジア人として評価されます。当たり前ですが。

そうなると、アジア人は表情が無いな。文化を守らないな。

といったネガティヴ面の印象を与えてしまいます。(こういう時に質の低い反論「全てのアジア人がそうではない」がやってくるのが、そんな事を知らない人はいません。)

日本人は平均以上にBehaveでき、それに対して日本人を賞賛してくれるのです。

そうした”外交官”達が、米国内でも既に28767名消えてしまった事。

これは今後じわじわと日本の国力低下を招く事でしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました