【第156回】そして株価上昇基調へ❕❕2021年1月14日本日の気になるBloombergニュース!金融を理解できる留学生になろう❕ | 【English First Step for 18+】 18歳からの英会話発音矯正コーチング
【第119回】英会話学習方法Zoom無料相談!偏差値45でもアメリカ州立大学会計学卒業・国際結婚・English First Step18+

【第156回】そして株価上昇基調へ❕❕2021年1月14日本日の気になるBloombergニュース!金融を理解できる留学生になろう❕

02 アメリカ留学に備える

金融を理解できる留学生になろう❕

English First Step for 18+では、偏差値が49以下の男子学生さんで、更に貧乏でもなんとか節約してアメリカの大学を卒業したい!という大志を持ち合わせている方を心から応援しています。

本カテゴリーは、金融ニュースを読む事により2~3年のドル円の動きをある程度掴める能力を付けて頂く訓練の場です。さらに場合によっては留学資金を減らさず微増させるような投資先の発見、節約のためにはまずは支出を抑えるというマインド作りをお手伝いします。
全て無料です。本記事を読み続けて頂けるだけで、徐々に能力が吸収されていきます。
これは全て僕自身が学んできた道であり、今では多数の投資先で資産を運用する立場になったものとしてのボランティアです。

前回は

【第155回】市場参加者は様子見❕❕2021年1月13日本日の気になるBloombergニュース!金融を理解できる留学生になろう❕
金融を理解できる留学生になろう❕ English First Step for 18+では、偏差値が49以下の男子学生さんで、更に貧乏でもなんとか節約してアメリカの大学を卒業したい!という大志を持ち合わせている方を心から応援し...

2021年1月14日アメリカ留学のための投資を学ぶ!
本日の気になるBloombergニュース!

昨日は市場は様子見で上昇基調は無かったのですが、本日14日からまた株価は上昇し、ドル円はドル高へ動き出しました。

ただし、調整しながらです。

調整とは、例えばドル円が104.00の時に、上昇して104.50になります。

そうすると、過去に104.50でBuyをしていた投資家が「あ~やっと損がゼロになった。決済だ」

と言いながら、手持ちのLONGを決済するのです。続々と。それが140.50になった時に起こるので「調整」されて一旦下がったり、レンジ相場に移行します。

また、104.50って節目でキリが良いので、逆にそこまで上がったらShortしてやろうと予約をしている投資家もいます。そして104.50に届いた瞬間にその予約が発生し、今まで上がってきたのが一気にズドンと大陰線をだして下がったりします。

現有ポジションや、予約ポジションの【調整】ですね。

その調整を繰り返しながら、少しずつ上昇し、ドル円は104円丁度辺りが今後の攻防になりそうです。

株価はもう僕は上昇基調は続くと言っています。緊急事態だロックダウンだ、トランプ大統領弾劾だなんて一瞬下がったりするのですが、長期的には右肩上がりです。お金が常々余り過ぎていますので、結局流れ込みます。

さて、ヘッドライン。

トランプ大先生関連は赤青迷うのですけどね。何の罪もない大統領を弾劾とかよっぽど恐れられているんだなと。そして基本的には悪いニュースだから赤かな。

株価に関するNewsは景気が良いですね。

ぼくはVisaの株を狙っているのですが、確認しに行く時には常に大陽線で上昇した後なのでタイミングが大事です。

そしてババンババンバンバイデン大統領の経済対策が2兆ドルという具体的な数字が出てきました。

超特大ではありまへんが、特大です。そして思っていたほど低くなかったというのが金融界の安心感でしょうか。

米金利上昇⇒10年国債金利が上昇⇒やばい国債の方が儲かる株より国債だ⇒株価が調整、でも下がる圧力は弱い⇒海外からドルに戻す⇒円が安くなる

2週間前は株高円高だったのが

現在は株高ドル高です。

こういった変化もあるんだな~という僕自身個人的な感想です。

なんとなく、株高円高で円安ドル高になったら株は下がるような比例だと思ってしまうので。

デイトレもほぼ毎日参加しています

以前まではロスカットを中々出来ない大人だったので、ある程度稼いでも結局1回の大局が変わった時に儲け毎持っていかれて大きな損が残るという状況です。

しかし、先月から再度しっかりととある書籍を読みふけり、ロスカットを常に頭に念じながら。

図の様に-530円のロスカットをしっかり受け入れました。1日で±0以上であれば、それは勝ちである。

この-530は寝る寸前だったので、ポジションを残したくなかったのでロスカットです。

その30分後くらいに目が覚めてチャート確認したら、さらに下がっていたのでロスカットをしていなかったら被害拡大といういつものパターンでした。

1分足でトレードをする事の利点

1分足だと買い売りシグナルが頻繁に出ます。

そのシグナルを見つけるのが上手くなります。

長期投資で日足を見ていると次のローソクまで1日待たないといけませんし、長期チャートで過去のシグナルは学べますが、1分足のリアルタイムだと次々に出てくるので学習速度が半端なく半端ないです。

 

長期金利の上昇により、収まるまではドル高カナ

僕自身はドル円のBuySellどっちかというとBuyの方が好きなんで、ドル高だと小銭が増えやすいのですが。

バイデン大統領の2兆円効果により、どの程度の期間かは分かりませんが、しばらくはドル上昇、調整、上昇、調整で非常に弱く上昇していくという想定です。

僕も上の方に損失ポジション抱えているので、それを解消できるほどの上昇があれば嬉しいですが、妄信はせずにしっかりとSellも交えてトレードを積み重ねていきます。

昨日のEURUSDの結果は?

機能の生地にて、いえ、昨日の生地にて

軽くShortを入れてみました。本当はカレンダーを見ると昨日12日にチェックをしろと書いてあったのですが、ボケていて忘れてしまいました。

どうなったかと言いますと

ちょっとだけ落ちている事を確認できますでしょうか。

ただ結局僕のポジションはトレイリングストップでいつの間にか食われていました。800円ほどプラスでしたが、その日の後のドル円ロスカットで美味しく市場にお返しいたしました。

今週のドルの強さを考えると、チャートはEUR主体なのでドルが強くなると下に落ちるのですが、いや~、サポートラインを割って下落すると考えると一気に奈落の底になるんじゃないかと。Shortしたいヨダレがだらだらです。

移動平均も、MACDもForce Idexも下向きなのである程度は思いっきりShort出来るのですが、Macdの2本線がちょっと開きすぎているのが嫌いで、こういう時には一度調整があって真逆に動くので、う~ん、待ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました