C03 英語力ゼロがアメリカ旅行大成功!

【第043回】アメリカで本当に役に立った旅行用短期Simカードをやっと見つけた

■2018年3月に使用したアメリカ短期滞在用Simカードの使用心地をご紹介します。

 

2017年に、国内で販売されているのアメリカ用Simカード(ハナセル)をアメリカ数カ月滞在時に利用したのですが、

 

肝心な時に2G(今時⁉)接続に陥ってしまいました。

 

Googole Mapsが全く機能しないという大ピンチに襲われてしまいました。駅への道も解らなくなり、本当に絶望でした。

 

何とか地元の方に助けてもらえましたが、二度と同じような窮地に陥りたくないため今回は前よりもしっかりとリサーチを行い、問題なく利用できたアメリカ短期滞在用Simカードをご紹介いたします。

 

(2018年4月時点での情報です。また、最安値で問題無しというよりかは、値段はあまり気にせず確実に繋がるSimという情報に特化しています。)

外為両替ってこんなに安くなったんですね。後で読んでみてください(別タブで開きます)
【第085回】ココより良い店があったら教えてください!2019年一番おススメの米ドル外為両替所

 

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加




■値段はそこそこ。しっかりと30日間問題なく稼働してくれた愛すべき短期Sim

 

私が2018年3月から1か月ソルトレイクシティ&ラスベガスで生活した際に、

 

速度低下する事なく全く問題なく使用できたアメリカ短期滞在用Simカードはこちらです。

 

30日バージョン(2018年4月27日の時点で4380円。私が購入した2月は4300円だったので80円の値上がりです。人気が出ているのかもしれませんね。)

 

【30日バージョン 】アメリカ プリペイド SIM Ready SIMカード (通話とSMS、データ通信2GB 30日間)(現在在庫が無いようです。)

【14日バージョン】 通話とSMS,そして1GBのデータ通信

 

【7日バージョン】   通話とSMS,そして500MBのデータ通信(こちらも在庫が無いようです)

 

パッケージは古い画像が使われていますが、実際にはZIP SIMという名前の商品が届きます。商品名が過去に変更されたためであり、基本的なサービスに変更はありません。

 

画像は英語ですが、日本語マニュアルが付属しています。

 

発送は日本国内からなので数日で手元に届いて便利です。

 

スマホ(iphone)は余り得意でない私でも、ロサンジェルス空港(LAX)に到着後に5分程度でデータ通信を開始する事が出来ました。

 

仕様端末はiphone 6s plus Model A1687です。

 

■利用時の注意点

■アラスカ・サイパン・グアムでは利用できません。エリア最新情報www.zipsim.us/coverage.html

 

御覧のように本土でもアラスカ州は真っ白です。

 

 

 

 

■周波数に対応した端末でのみ使用可能

 
4G LTE

Band 2 1900MHz

Band 4 1700/2100 MHz

Band 12 700MHz

4G (HSPA+)

Band 2 1900 MHz

Band 4 1700/2100 MHz

3G (HSPA) Band 4 1700/2100 MHz

2G (GSM, GPRS, EDGE)

Band 2 1900 MHz

 

 

参照:https://support.zipsim.us/hc/en-us/articles/213339186-What-devices-are-compatible-with-our-4G-LTE-Network-

 

■日本語のサポートはありません。商品に付属している日本語での設定方法が日本語サポートの全てです。

 

■期間中にデータ通信を使い切ってしまった場合はTop up(補充)する事が出来ますが、日本語のサポートはありません。そしてVisaなどのクレジットカード/デビットカードが必要になります。

 

■お使いのスマートフォンがSIMロック解除されている事。

 

■現地での設定は到着の無料Wifiを利用できる空港にて行う事をお勧めします。旨くいかない時に日本人の経験者のブログを参考にすればうまくいく可能性が高いからです。

 

■旅先の州のZip code(日本でいう郵便番号の様なもの)を予め控えておく事(例:ワシントン州98104など)

 

■グーグルマップやネット動画はWifi環境で予めダウンロードしておく事

 

 


■まとめ

英語も全く分からず、機械にも弱くてアメリカ旅行も初めてという方には、現在使われているスマホ会社の海外ローミングが一番安全ですが、割高過ぎます。少なくとも国内会社が取り扱っているアメリカ用短期SIMのご利用を推奨します。

 

スマホ扱いや簡単な英語文章ができる方であれば、上記のZipSimはお勧めします。

 

私自身は次回のアメリカ滞在においても同じ商品を購入するつもりですが、ただその際に他社の検索を行い、同じようなサービスで値段が安いのであればそちらを選びます。その際はまたここでご紹介しますので、たまにはご確認していただければと思います。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



 

関連記事

【第4回】 初めてアメリカに入国する際の準備、注意点。英語が出来ない人のためのアメリカ入国

【第037回】アメリカ旅行:税関申告書で食物を持ち込んでいるではいにチェックをしてみた

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



 

 

ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz