C02 アメリカ留学に備える C01 英会話が上達しない

【第078回】カタカナで英語を学習する際の弊害

カタカナで英単語を覚えるのは結局無駄になる

 

英雄ポロネーズとかいうすばらしいクラシックミュージックがあります。私の好きな曲の一つです。

この曲はショパンとか言う人が右脳の限りを尽くして作曲したようです。

 

さてここで問題です。

 

あなたは

 

ポロネーズ

ショパン

 

この二つをアルファベットで正しく書けますか?

 

恐らくローマ字の限りを尽くして皆さんアルファベットを作成すると思います。

 

Poloneez?

Chopan?

 

とか。

 

さて正解は・・・

 

Polonaise

Chopin

 

です。

どう思います?

 

Polonaiseと書かれているものを、なぜ過去の日本人はポロネーゼと訳したのでしょうか?

Chopinならショパンではなく、ショピンでしょう。ルパン三世も本当はLupinでしたね。ここら辺は繋がりがありそうです。

 

海外語を二つの方法でカタカナに訳すから非常に面倒

 

1つは聞こえたままをそのままカタカナにする方法

例:ウラジオストク

ポロネーズ ショパン ルパン

マイケル

サプリメント

 

もう1つはアルファベットをローマ字読みでカタカナにする方法

ミクロ

コミュニティー

ホンジュラス

 

この統一性の無さが日本人の英語向上の最悪に阻害しています。

 

1.聞こえたままをそのままカタカナにする方法のメリット

海外の発音に近い発音を自然と学べる

「近い」ですから。ショパンは非常に近いです。フランス語ですけど。

マイケルジャクソンのマイケルは通じません。

ロシアの都市ウラジオストクも通じません。

サプリメントは通じますね。

 

1.聞こえたままをそのままカタカナにする方法のデメリット

書く時にスペルが全く解らない。

サプリメントを英単語で学んだことが無い人は、ほぼ100%正しいスペルで書けません。

これが日本人の英会話リタラシーの低下に最高に最悪に貢献しています。

 

2.アルファベットをローマ字読みでカタカナにする方法のメリット

たまに発音が正しい事がある。

acquainted アクアインテッド。これはローマ字読みをすれば近い発音が出来ます。

スペイン語であればローマ字と相性が良かったのに。残念ですね。

 

2.アルファベットをローマ字読みでカタカナにする方法のデメリット

正しくない発音で覚えてしまう。

日本国外では全く通用しない発音が身に付いてしまう。

書く時にスペルが解らない

Micro ミクロ Economicsなんて発音したら即訂正されますよ。

マイクロバス、マイクロソフトと発音できる日本人が、何故ミクロ経済学って発音しちゃうんですかね。

 

この2つの方法をデタラメに使い、さらにカタカナに直す際も何も法則に従わずただただ翻訳者の気まぐれでデタラメなカタカナが生まれるわけです。

 

どう思います?

 

マイケル・ジャクソン

 

正しく発音できる日本人なんて滅多にいません。

 

せめて

 

マイコ・ジェックスン

 

ですね。でも1の方法で聞こえたままをカタカナにした翻訳者の耳が垢でまみれでハッキリと聞こえなかったんでしょうね。

 

マ イ ケ ル ジ ャ ク ソ ン (笑)

 

アルファベットを日本語で表す方がまあ無理があるからそこまで笑いませんけど。

 

という事で、今日本に溢れるカタカナがいかにデタラメに出来上がったか理解して頂けたでしょうか。

 

このままカタカナ続けていく限り、日本人の英単語発音は全く矯正されない現実が続きます。

 

英会話学習者はカタカナから離れる事を。

私が日本の王様になったらカタカナは即廃止にします。カタカナの部分をアルファベットで補います。

そしてカタカナに費やしていた無駄な教育の時間をアルファベットの正しい発音方法を徹底的に反復させる事で、日本人の発音は飛躍的に飛躍します。

 

カタカナは完全に抹消すべきですね。何の利益もありません。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



 

 

ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。