C03 英語力ゼロがアメリカ旅行大成功!

【第059回】成田国際空港第一ターミナルがかなり新鮮になっていた(2018年11月19日出国審査後)

成田空港は非常に明るく清潔な空港に生まれ変わった。

まるでショッピングモール内を歩いているようなゲート付近

前回の【第058回】成田国際空港第一ターミナルがかなり新鮮になっていた(出国審査前)にて

外為両替ってこんなに安くなったんですね。後で読んでみてください(別タブで開きます)
【第085回】ココより良い店があったら教えてください!2019年一番おススメの米ドル外為両替所

成田国際空港ターミナルが華麗に変貌を遂げた事をお伝えしました。

今回は出国審査後のターミナル風景を画像を交えてお伝えします。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加




まるで新築のショッピングモールを歩いている様だった成田空港第一ターミナル出国ゲート内

成田空港第一ターミナル出国ゲートDelta付近インフォメーションブース

普段何気なく利用していて当たり前の風景なっている成田空港ですが

海外の空港を利用したり

20世紀の成田空港を覚えている旅行者にとっては半端ない進化と変貌を遂げています。

 

フローリングですね。

アメリカの空港を利用するとシミの浮かぶグレーのカーペットに歓迎されるのですが。

清潔感が素晴らしいです。案内も非常に親切です。

 

 

また、この様に左右にアートが配置されていたりと。

店を見るだけでもファンシーで綺麗で清潔で楽しいのですが

この様に文化的なオブジェの配置もされている。素晴らしいです。

 

 

 

 

驚いた!!出国ゲート内にスタディエリア?ワークエリア?PCエリア?

成田空港内にスタディエリア!?

成田空港第一ターミナルの変貌ぶりに驚きつつ、何気なく散策をしていたのですが・・

 

開けた一角に急に現れたのが・・・画像の空間です。

 

今まで北米とアジア数か所の空港を利用しましたが・・

 

このようなワーキングスペースを見たのは初めてです。

 

閑散期なので誰でも利用できる状態でしたが・・

 

恐らく繁忙期には食事をする人で埋め尽くされてしまうんだろうな~とは思いますが

 

空港にとっては本来は店舗にした方が収入も増えるだろうに。

 

そういった場所を机を用意して渡航者に開放してくれる。

 

その思いやりに感動しました。

 


成田空港 ドル 両替は銀行と変わらない

ソフトクリームさんが目立ってしまった画像ですが

恐らくUFJかみずほの外貨両替価格です。

っと、ボードに「みずほ」と書かれていますね。

 

我々がドルを買う場合が$1=115.46という計算です。

この値段はその日の午前9時55分のドル円価格を基に、手数料を上乗せされた価格が決定されます。

2018年11月19日午前9:55の1ドル価格は・・

112.73円です。

つまり銀行価格はこの値段に

115.46-112.73=2.73円を上乗せしている事になります。

 

この交換レートですが

各両替所で微妙に変わってきます。

 

今回は第一ターミナルの記事ですが

第二ターミナルの出国前の両替所で調査した時は

りそな銀行の両替所が他の両替所よりもレート1円程お得な値段を提示していました。さすがに驚きました。カルテルってないんですかね?

 

もちろん毎日変動する物であり、毎日一番お得なレートを提示している訳ではないのですが

 

少なくとも両替をする方で時間に余裕がある場合は

 

両替所の値段を確認する事をお勧めします。

 

ドルを買う場合は一番数字が少ない両替所を選んでください。

 

こちらは出国審査前の千葉銀行による両替所です。見やすさの為に同じボードを使っている事が好感を持てます。

みずほ115.46

千葉銀115.25

千葉銀行がドルを21セント安く売ってくれるという意味です。

 

ただ、千葉銀行が通貨全てをみずほより安く売ってくれているわけでは無く

フィリピンペソ

みずほ2.44

千葉銀2.65

といった、出国審査前後でも逆転する場合もあります。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加




以上、まるでショッピングモールなんじゃないかと幻惑させられる

成田空港第一ターミナル出国ゲートのご紹介でした。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

One Reply to “【第059回】成田国際空港第一ターミナルがかなり新鮮になっていた(2018年11月19日出国審査後)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。