C03 英語力ゼロがアメリカ旅行大成功!

【第063回】京成グループの都心〜成田空港を結ぶ1000円格安高速バスに乗ってきました体験記

京成バスさんの格安高速バス:成田空港⇒東京駅に乗ってきました。乗り心地、込み具合体験をレポートします。

 

とある日父と高速に乗ってた時に颯爽と過ぎ去った高速バス。その車体には・・
成田空港~東京駅 900円!

我々は驚きを隠せませんでした。そんな安いのかと!!

それ以来私はその京成バス線を一度は体験したいと思っていましたが、機会が訪れたのでその体験をお伝えします。


京成バス東京駅⇔成田空港。椅子の広さ、乗り心地、込み具合。全てが気になる900円の旅

二日前に予約決済すると900円ですが、今回は思い立ったがという事なので1000円です。

新浦安居住の私は、スーツケースがある時は成田⇔新浦安までのリムジンを利用します。(1800円)
荷物が無い時は、京成バスの成田⇔海浜幕張(950円)、そして新浦安⇔海浜幕張(302円)

新浦安の方が近いのですが、成田⇔東京駅路線より8割増しと、やはり需給の関係は面白いですね。


さてさて、まずは乗り心地から

京成バス 東京駅 成田空港 乗り心地

基本的にやはり格安バスですね。

シートは日本人成人男性であれば結構狭く感じるいつもの四列シートの奴です。

補助席もついていません。

 

 

 

見渡すとこの様な感じです。

 


京成バス 東京駅 成田空港 混み具合

平日のお昼でしたし

運良く隣が来なければ楽だな~と思っていたのですが

やはり格安を謳うバス。

日本人以外にも外国人にしっかりと情報が行きわたっているのでしょう。半分以上が外国人でした。

アジア人もいれば白人もいる。

席は満席でした。
私の隣はエコノミーで15時間は旅行して来ただろう白人にーちゃんでした。ぐったり死者のように眠りこけてました。

所用は最悪90分見ておけば良いのではないでしょうか。

値段の分、窮屈な車内は我慢です。

 


注意点 京成バス 成田空港⇔東京駅

http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/pdf/notice_jp.pdf
こちらにも書かれていますが、

乗客1名につき、預け荷物は1つ程度のみ

という事です。スーツケースを二つ持っている方は残念ながら・・・1つ程度・・・?

恐らく混雑具合に寄るのだと思います。日中は20分に1本出るバスですから、2つ以上預けられる可能性というのはあまり期待しない方が良いかもしれません。

PDF内にも手荷物宅配(宅配便サービス)リンクがある通り、京成バスが荷物を預かりきれない問題が頻繁しているのではないかと考えられます。


Tokyo Shuttle 東京シャトル

混雑予想情報も載っています。
フォローすると何かと便利かと思います


京成バス 東京駅 降り場乗り場周辺


http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/nrt16.html

 

東京駅停留所で降りた直後に撮影しました。

歩道には余裕があるので、スーツケースを複数引っ張ってもそんなには邪魔にはならないと思います。


以上、京成バス成田空港⇔東京駅停留所の乗り心地混み具合体験談でした。

安いくて窮屈な京成バスを取るか
やや快適で割高な成田エクスプレスを取るか

参考にして頂けたら幸いです。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。