C05a 偏差値45の逆襲逆転思考

【第003回】偏差値45でもアメリカ州立大学卒業!? ~偏差値45の逆襲編~その①

偏差値45でも悩まないで!!


この偏差値45でもアメリカ州立大学卒業!?カテゴリーでは、中学生さん高校生さんの中でも、昔の私と同じような境遇の生徒さんだけに向けて、様々な気持ち、思い、激励なんかを込めて書き続けて来ています。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加




 

偏差値45の学生さんと言うのは、非常に悩みが多い部類なのです。

偏差値35よりも10高いから良いじゃないか!!などという事も良く言われますが、実は35よりも45の方が厳しい境地に立たされています。

そんな私自身の経験から現在に至るまで、どの様な考え方を持ち、どの様な考え方を捨て、

どの様に学ぶとどの様な境地が開けるのか?20年にも及ぶ偏差値45の大逆襲劇ストーリーを、これから人生大逆転をしなければならない偏差値45付近の中学生さん高校生さんに心を込めて贈ります。


 ■学校は夢と希望を与える場所では無い。

 

偏差値でお悩みの中学生・高校生のみなさん、こんにちは!

私は32歳の時に、アメリカにある州立大学から会計学専攻とファイナンス副専攻で卒業を達成した、元偏差値45のぬのかわともひさと申します。

と、

まずは訳がわからんですよね。

「お前32歳で大学生かよww」

もしくは
「アメリカで会計かよ。俺らにはカンケーねえよ。」

私に関する具体的な話は後々にして・・・・

 

君たちにまず聞きたい!

今、君たちに将来に関する具体的な夢はあるのかっ!!

君たちの99%が、まだ何をすればいいのかなんて決めて無いだろう・・・

それに対して、引け目を感じたり、負い目を感じたり、惨めに感じたり、情けなくなったり、悲しくなったり、親を恨んだり、自分を恨んだり、、、、、うん、その他もろもろのネガティブな感情を抱く必要は、、、、、

全くない!!!!

そりゃそうだ。

学校という物は

夢と希望を子供達に与える場所ではなく

大人になっても最低限メシを食っていけるように教育を施してるだけなんだ。

そんな職業的な教育を施さない学校の教師が君たちに向かって、

「おまえ将来なにになりたいんだ?え?決まってない?バカじゃねwwwwwさっさと決めろよww」
と言うのは、あまりにも見当違いな発言だよ。

君たちの9割以上が、まだまだ学校と家庭からしか世の中を学んでいない。
つまり、君たちの世界はまだまだ小さいんだ。
だからといって、私はいま君たちをバカにしているわけではないよ。

 

私が言いたいのは、

 

自分が小さな世界にいる時に、自分の事や周りの事、世の中の善し悪しを決めつけては絶対にいけない!

自分が小さな世界にいる事を認識しよう。そして、自分の小さな世界から脱出できるよう努力をしよう!

アメリカ留学をするのも、自分の世界を広げるテクニックの一つです。

と、

今回はここまで。

この先私は特に中学や高校生のみなさんを元気づけられるような話をできたらと思ってます。

良かったら・・・いやいや、また是非足を運んで下さい。

損はさせません!!

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

One Reply to “【第003回】偏差値45でもアメリカ州立大学卒業!? ~偏差値45の逆襲編~その①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。