【第047回】ウラジオストクと最初に言った奴出て来い! | 【English First Step for 18+】 18歳からの英会話発音矯正コーチング
【第119回】英会話学習方法Zoom無料相談!偏差値45でもアメリカ州立大学会計学卒業・国際結婚・English First Step18+

【第047回】ウラジオストクと最初に言った奴出て来い!

01 英会話が上達しない

【新チャンネル登録を開始しました‼】
18歳以上の英会話・偏差値45のアメリカ大学留学。全ての動画を5分以内に収め

■聞きやすく■理解しやすい■堅くない
英会話をコミュニケーションツールとして学ぶ方法、偏差値49以下貧乏学生でもアメリカの大学を卒業できた秘訣の公開を続けていきます。【こちらをクリックで登録可能です】

■カタカナの弊害を未だに無心に守り続ける現代の日本人たち

これから書く話は仮定の話です。ですが本質は仮定ではありません。

[quads id=2]

■各国国名や都市名をデタラメにカタカナ化してきた日本

ソビエト連邦・・では無くての東に

 

ウラジオストク

 

という街が有ります。

 

日本とも経済の結びつきが活発の様ですが、それは今回のテーマではありません。

 

今回のお話は

 

ロシア人でウラジオストクをウラジオストクと発音する人は一人もいません。(恐らく)

■明治時代の日本外交官とロシア外交官のやり取り物語

時は明治時代。オロシャとの外交も始まり、外交官の往来が頻繁になります。

ロシア人との外交官と出会った日本の外交官。まず儀礼として挨拶をし、どこの街から来たか聞きます。

 

ロシア外交官「Владивостокから来た」

日本外交官「ん?なんつった?宇和島すとっき?」

ロシア外交官「Владивосток」

日本外交官「ん~」

日本外交官は悩みながら日報にこう書きました。

 

【オロシャ外交官、ウラジオストクから来る】と。

 

はい。フィクションです。フィクションですが、

Владивосток

これを発音サイトやGoogle翻訳において実際の発音を聞いて、何とかカタカナに書き出すと・・・

 

ブラジバストク

 

の方がよっぽど原語に近いのではないでしょうか?

 

しかし語学耳が発達していない当時の外交官。若しくは耳のクソが詰まっていたのか、

 

ウラジオストク。

 

これが後日200年以上も定着してしまい、そして改める事は絶対にありません。

 

[quads id=1]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました