【第116回】高校生。大学で行きたい学部も無く、趣味もやりたい事も無い状態で大学を決められない。 | 【English First Step for 18+】 18歳からの英会話発音矯正コーチング
【第119回】英会話学習方法Zoom無料相談!偏差値45でもアメリカ州立大学会計学卒業・国際結婚・English First Step18+

【第116回】高校生。大学で行きたい学部も無く、趣味もやりたい事も無い状態で大学を決められない。

自力アメリカ留学手続き

【新チャンネル登録を開始しました‼】
18歳以上の英会話・偏差値45のアメリカ大学留学。全ての動画を5分以内に収め

■聞きやすく■理解しやすい■堅くない
英会話をコミュニケーションツールとして学ぶ方法、偏差値49以下貧乏学生でもアメリカの大学を卒業できた秘訣の公開を続けていきます。【こちらをクリックで登録可能です】

高校生です。親から留学を勧められましたので、留学も考える様になりました。

この場合、高校卒業と同時に外国の大学へ留学するのと、日本の大学から交換留学として留学するのはどちらが良いのでしょうか?

まず、「どちらがいいのでしょうか?」という質問方法について

あまりにも漠然とし過ぎた質問であり、全ての考える労力を質問者にブン投げる質問の形だという事を覚えて下さい。

全てあなたの状態によるのです。

学費が足りるか心配

就職が心配

語学力が上達するのか心配

 

この様に、自身が感じる一番の不安を取り上げ、その上で質問をしましょう。

さてさて

高校生さん、あなたの状態は正に23年前の私と同じ状況です。

私の高校時代は、まさにやりたい事も分からず、何をすれば良いのかわからず、大学に入ったら流れで経済学部か。いや、大学すら落っこちましたから。帝京大学に推薦入試で合格できなかったのは実は私です。

専門学校から英語人生再出発

結局専門学校に逃げましたが、選択肢が良かったです。英会話とパソコンの専門学校でした。英会話はソコソコに流しながら、ファミコン世代だった私には、パソコンという初めての物体との出会いに正に没頭しました。といってもソフトウェアとかタイピングでしたけどね。

ですが、そのつたない専門学校内にて、1歳年上の佐々木康成君からパソコンについて多数学び、そして留学担当の先生から沢山学び、その後自力手続きにてシアトルへ語学留学を開始しました。

 

その後、コミカレを卒業し、さらに数年後にアメリカ国内の州立大学を卒業しました。

在学中にとある金持ち父さん貧乏父さん本から、会計学の面白さを知り、その時から成績や生活が一変しました。

 

という流れから、わたしは外国への留学を強く勧めます。

ですが意見も色々あるでしょうから、沢山の方とお話をされて、自分で最後に結論を出してください。それが責任感の強さにもつながり、目標達成の糧となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました