C01 英会話が上達しない

【第053回】英単語が覚えられない学生さんへ

英単語は長期記憶で学習する。

英単語を覚えようとしているが全く身につかないと嘆いていませんか?

その様な方へ、

何故単語が身につかないのか

長期記憶にするための秘訣

 

を、お伝えします。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加




◆単語帳は短期記憶にしかならない

アメリカの大学を卒業した者

国際結婚をした者

人生の1/3を海外で生活する者

 

としてお伝えします。

 

単語帳は長期的な記憶には全く持って役に立ちません。

単語帳とは、来週試験があるような学生さん社会人さんが

短期的に集中的に脳に詰め込むためだけの学習法です。

 

そして喉元を過ぎたアツアツおでんです。

 

試験が終わればそれらの単語を使用する事も無くなり

 

結局短期記憶から抹消されてしまいます。

 

私自身もアメリカ大学生活最終局面、

最強に難関のFinance450のクラス。

週ごとに白人生徒でさえ落第していくという恐怖のクラス。

私も少しずつ成績を落としながら歯を食いしばりつつ食らいつき

中間も期末も

常に単語帳ならぬフレーズ帳を常に持ち歩いて

暗記暗記でした。

 

今ではファインナンス用語のβとかπとか言われても

 

?-?

 

ですけど。

 

 

 

こういった脳機能的な事実を知らずに

 

単語が覚えられない単語が覚えられない。

 

知恵袋で質問したり

 

買う必要のない英語商材を買ってしまったり。

 

 

これらは全て

 

 

長期記憶にするアプローチさえわかれば済む事です。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加




英単語を長期記憶にするためには

 

みなさん、これ読んでらっしゃる方は

 

10代から60代のシニアの方まで幅広いので

 

例題も出しづらいのですが、私の世代の例題で。

 

例えば

 

皆さん今まで生きて来た中で

 

 

脳に焼き付けられている言葉ってありませんか?

 

 

例えばわたしなら・・

 

 

「ザクとは違うのだよ!」

「もっこり」

「フォースと共にあらんことを(May the force be with you)」

「How you doing?」

「forever young, i want to be forever young.   do you really want to be forever young」

 

これら全て別々のアニメやドラマや映画のセリフです。または音楽の歌詞です。

 

なぜこういったものは記憶から離れないのでしょうか?

 

 

それは・・

 

 

全て印象付けられているからです。

 

この印象というのは

 

物語、はたまた歌詞の前後の文脈から繋がっているのです。

 

May the force be with youであれば

 

フォースを操る変な光る棒を持ったおじさん達が

出撃する相手にかける言葉です。

こういった映像イメージ、シチュエーションイメージが全て脳に焼き付いているので、その場面で使われている言葉フレーズが頭に残り続けるのです。

 

音楽は映像が無い場合で聞いている事も多いです。

 

その場合は歌詞全体の流れを学んだり、例えばこの曲は失恋ソングだ、とかずっと若くいたい。そういった全体像を理解していれば、そこで使われる単語も限られてきます。そして似たような歌詞、似たような単語の繰り返しです。

同じものが繰り返されれば記憶は強くなります。さらに脳機能学者によると、15回は繰り返せば記憶は強くなるとの事です。

 

さらに、気分の良いお気に入りのメロディにあわせているので、覚えやすいのです。


単語帳を流し読んでいるだけでは何の印象も持てない

これが私が常々提唱している

単語やフレーズは

目標としている英単語のカテゴリーで

映像や洋楽で

学んでください

 

ちゅー事なんです。

 

ただ単に学校でLesson5に出て来た20単語を

繰り返し繰り返し眺めて暗唱していたって

1か月後には半分以上は記憶から消えています。

そしてLesson6になったら全く関係ない話題が始まりますしね。

 

 

しかし例えばLesson5が料理のチャプターだとして

その後1年以上料理番組やドラマ映画を見続けて

そこに出てきている英単語を纏めつつ、場面を想定しながら覚えて行けば

そのシーンと合わせ合って単語どころかフレーズ事覚えられます。

 

これこそが本来の英単語の覚え方なのです。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。