C02 アメリカ留学に備える

【第034回】It is a bad day to have an Asian name.

今回は少々暗い話になってしまい申し訳ありません。

しかし、多様化された人種の国であり、さらに差別も多数存在するUSA。

 

日本人が平和を唱えながら留学しても、アジア人差別は必ず起こります。

 

そうした差別に対してはどうしても怒りに満ちてしまう事もありますが、

 

どうか冷静に思考し行動をしましょう。

 


アジア人の名前だから、わざと違う商品を送りつけて来たのでは?

■iphoneをebayで購入したが・・・

2017年8月末、ソルトレイクシティから東京へ帰国予定です。

 

私は日本ではYmobile!のアクオスSIMロックされたスマートホンしか持っていないので

 

アメリカや香港に出かける時に非常に電話に苦労するのですよね。

 

その苦労を解決するために、中古のiphoneをアメリカで買う事にしました。

 

そして実は、二日ほど猛勉強をしました。

 

何故なら、iphoneはモデルによって国で使えない場合があるからです。

 

ですので今回アメリカ内において

 

iphone 6s plus A1687 GSM/CDMAというモデルを購入しました。

 

このiphoneのモデルだと、日本香港アメリカで使う事が出来る(はず)だからです。
(2018年12月14日日本でYmobile!の接続を確認。アメリカでも短期SIMでの動作を確認。香港は今後確認します。)

 

香港に行かない方はGSMは必要ありません。

 

そして、こちらがiphone 6s plus A1687 GSM/CDMAです。

http://www.ebay.com/itm/Apple-iPhone-6s-Plus-a1687-16GB-Smartphone-LTE-CDMA-GSM-Unlocked-/381567719631

私がこの記事を書いている段階で$379.99です。

 

私の欲望に完全にマッチしているモデル。

これで海外でスマホ通信に困る事は数年間無くなります。

 


■実際に届いたのは・・・

いいですか?

私が購入したのはA1687です。

 

そこには・・・

 

A1522

 

と。。。

 

 

このA1522モデル

まず6sではなく、ただの6なんですよね。

そして値段を探ってみると・・・

同じebay 同じ出品者で

http://www.ebay.com/itm/Apple-iPhone-6-Plus-a1522-16GB-Smartphone-GSM-Unlocked-/381506552211?var=&epid=15001282966&hash=item58d3900193:m:m6JQ7wRY337KfSUSA2X55mQ

$309.99!!!!

 

つまり、私に

$379.99を払わせておいて

 

$309.99の商品を送りつけてきたのです。

 

このebayのmywitという出品者はフィードバックのレートも非常に高く、

そしてスマホ情報も他の出品者よりも細かく提示してくれています。

非常に信頼できる出品者なのです。


■商品を間違える訳なんてない

 

それだけみんなから信頼されていて、仕事も素早く出来る出品者が

 

 

まさかiphone 6と6sを間違えるわけがないでしょう。

 

つまり、オーダー表で私の名前を見た瞬間、

 

おそらくExtra profitを生むチャンスだと心の悪魔がささやいたのか、

 

もしくはInternationalな購入者には日常に行っている事なのかはわかりませんが。

 

日本人の方がアメリカにてオンラインショッピングをする際には

・商品の型番をすぐに確かめる

最重要ですね。

 

そして日本よりShippingに時間がかかるので、待つという精神力も必要になります。


■日本人は標的にされる

この事は、常に警戒ではなく、こういう事があるというのを頭の隅に置いといて欲しいのです。

アメリカのサービス業は日本よりフレンドリーですが、細かい配慮は有りません。

また、特に英語での主張が苦手な日本人はエンジェルカスタマーになりやすく、悪いサービスを受けてもそのまま受け入れてしまう事が多いです。(私ですね。)

私は今までで思い出せるだけでも

Qwest

United Airlines

mywit on ebay

様々なレストランにおいて、明白な差別を受けています。

 

だからと言ってここで文句を言っているわけでは無く

同じような事がこれから留学される学生さんに起こる可能性もあります。

 

その時に必要になるのは

・意図的に質の悪いサービスをされたと判断できる判断力

・大きな声で主張する英会話

・冷静な心

 

そういったものを教えている教育機関や教材なんて・・

 

皆無でしょうね~。

 

私は教えますけど。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。