C05b 1999年からの留学日記

【第008回】 偏差値45でもアメリカ州立大学卒業 ~渡米後の劇的大逆転生活~ その2 空中都市シアトルでの初めての夕刻

前回

空中都市シアトルの写真をお見せしました。

I-5を北上し、最後の丘を越えると下り坂になる。その時に奥のダウンタウンが浮かんで見える。日本では見る事の出来ない景色だと。いや、日本国中巡ればどこかで見れるかもしれないが。


 

【第8回】 偏差値45でもアメリカ州立大学卒業 ~渡米後の劇的大逆転生活~

暖炉のアイスクリーム

 

シアトルタコマ空港に降り立ち、ホームステイファミリーの家にたどり着いたのが14時くらい。写真の通り晴天。東京の10月日中と違い、少々肌寒い。

重い荷物を引きずりながら、アメリカの良くある玄関先の階段を上がりつつあると、ドアが開いてお母さんと娘さん8歳くらいが出迎えてくれた。

今だったらジョークや旅行過程の話をしながら自己紹介も出来るだろうが、当時は英会話に自信も無く、日本人とアメリカ人の感覚の違いも誰も教えてくれる人はいなかったので(今でも世の中には皆無だが)日本人の様な挨拶で終わってしまった事が悔やまれる。

しかしかれらはホームステイを何年もやってきているようなので、私みたいな無表情なロボット日本人には慣れていたはずだ。

 

長旅の疲れなのか、その後数時間の記憶はハッキリしない。しかし、初めての夕食は衝撃だったのは覚えている。

まず彼らは家族4人で食卓を囲みながら手を繋ぎ、この場合はもちろん私も入れてもらっているが。そして、何かしら英語でお祈りの言葉を交わす。

へ~、これがキリスト教か~と。いやいや、彼らはユダヤ教だった。。。。違いが分からん!!!

 

食事は質素な物だった。スープやパン。かといって別に貧乏一家に嫁いだわけでもなく、これがアメリカで一軒家を持っている家族の普通の食事なのだろう。いきなりステーキ!!を想像していた。今思うと彼らがJewishだったのが食事にも関係しているのかもしれない。

 

そして、そのまま夜が終わるのかと思いきや夜7時。私の記憶から消えない出来事が起こる。(かといって、衝撃的な事では無い事は前もってお伝えしておく)

 

「Let’s go to have ice cream」

 

っちゅー事だった。日本の皆さんの事は知らんけど、私にとってアイスクリームとは別に外に食べに行くものではなく、冷凍庫に保存しておいて好きな時にかぶりつくようなものだった。

結局、結構部屋も寒い中、さらに寒くなるアイスクリームを食べに行く事は体に良くないが、脳の我欲には勝てずにシュガーを摂取しに行く事になった。


■家から歩いて1分で繁華街ストリート

Broadwayと聞くと、ニューヨークの芸術的なストリートを誰もが想像してしまうだろう。

実は、Broadwayというのは、どこの州にもどこの街にもある通りの名前であって、別に一つしかないわけでは無い。

州によっては盛り上がっていたり、全く閑散とした通りの場合がある。

幸いシアトルのBoradway avenueは、シアトルでも有数なBusy Streetである。

Googleで検索できる画像をいくつか貼ってみる

ま~、これだけではどれだけ繁盛しているかは見え辛いだろうが、実はこのBroadway沿いにはCommunity Collegeがあるので、日中は学生たちで非常に混雑する。

 

これが夜になると・・・

若者たちが集いを楽しんでいる。

他にも、家族連れが食事を楽しんでいたり、カップルやゲイカップルもそこら中に歩いている。うん。ゲイも有名なBroadway.

 

そんな街に、ホームステイファミリー4名と私で、家から歩いて1分あるアイスクリーム屋「Ben & Jerry」に入った。

 

なぜそのアイスクリームについて17年経った今でも覚えているのかと言うと、このBen & Jerryの建物が非常にシックでクールで。まともにお伝えすると、レンガ造りの雰囲気のある建物の1回にあり、さらに中に入るとウインドブレーカーを着た年齢の高めの夫婦が体を寄せ合いお互いを温めながら冷たいアイスクリームをほおばっているのが印象的だった。

そしてその店の奥には、暖炉が設けてあり、しっかりと火がついていた。偽物のガス暖炉ではなく、薪で焚かれた本物の火であり暖炉だった。暖炉が明るい光を店内に灯すので、店内の照明はかなり暗め。

お分かりいただけるだろうか?店内は蛍光灯の何の雰囲気の無い店ではなく、まるで高級レストランの様に暗い照明の中、ゆらゆら暖炉の光がお客の姿を照らしている状態。

初めて入ったアメリカの店舗がこのような雰囲気だったため、今までこんな雰囲気を味わった事の無い私はアメリカの創作性?アイスクリーム屋に暖炉?この日米間の違いに打ちのめされた。

 

アイスクリームなんて家で食いたいや、という感情から、アイスクリーム店の雰囲気に驚かされた。この180度の違いがあったため、今でもその衝撃は覚えている。

 


初めてのアメリカ本土。初めて自分一人で出た海外。初めての街。初めての店。初めて多人種に囲まれる。

心の底まで衝撃を受ける。そしてこの街で自分が最低でも2年は生きていくという事を考えると、興奮が止まらなかった。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。