C01 英会話が上達しない

【第070回】英会話チャットアプリの弊害

英会話チャットアプリの弊害

2019年になってよく聞くようになってきた事が、

チャットアプリのメッセージやり取りではある程度英語で通用するけど、いざ実際に音声や対面で会話をする時に頭が真っ白になって言葉が出てこない

という問題です。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



勉強不足だ、単語フレーズが足りない、文法をもっとしっかり~なんて日本の英語教育の失敗策をさらに深く学ぶという対策を取ってしまいます。

会話が通用しないのは全く問題ではない。

上記の問題(実際は問題ではない)を抱えている方って、

  • メッセージでの会話
  • 対面(電話)で言葉を発しての会話

この二つを100%混同してしまっています。

メッセージでの会話とは

会話と書かれていますが、実際は文章のやり取りです。そこには聞き取りという日本人が最も不得意とする分野が存在しません

メッセージ会話であれば中学高校の単語フレーズ文法の復習である程度通用してしまいます。ですがこれは要するに単なる筆談です。

大きな落とし穴です。

筆談には発音や聞き取りという要素がゼロです。

メッセージをやり取りしていてもLRの聞き取りやGとZの違いすら理解する練習にもなりません。

更にはこちらから発音をしてそれが通じるか確認もできません。

対面(電話)で言葉を発しての会話とは

私はもう100万5000回以上申し上げていますが、

Happy Birthday

コレを正しく発音できる日本人には中々出会いません。

「え?通じてるよ?」

そりゃそうです。相手の誕生日でカードやギフトを贈り、ケーキにろうそくを突っ立てて歌ってハッピーバースデイなんて言えば環境によって相手は理解できます。

でも何の関係も無い日に一言、ハッピーバースデイ。

”Huh?”

ですよ。

当たり前ですが、対面電話での会話は筆談ではありません。

文章は相手に見せられませんし、相手は文章を見せてきません。

今までは文章を目で見て頭で消化して、更に相手に文章を送ってコミュニケーションをとってきました。

それが対話になると急に文章が使えなくなるわけです。完全に準備不足です。

日本語と英語って発音方法(発音ではない)が全く違うのです。日本人がいつも日本語を話す調子でボソボソと英語を話しても、ネイティヴには非常に通じづらいのです。

日本人同士や、日本人のボソボソ英会話になれている国内外国人のみです。皆さんの英会話が通用するのは。

【第009回】日本人の英語がダメな理由:本質2 日本にある英語が本物の英語だと勘違いしているから

【第007回】日本人の英語がダメな理由:本質1 日本語会話と英会話は全く違う事を知る

それを

今までLINEではSKYPEチャットでは普通に通じていたのに、会話になったら全く通じなくて自信を無くした・・

 

いやいやいやいや(笑)

 

自信を無くすも何も、何も経験も練習もしていないのにぶっつけ本番して失敗し、それで自信を無くすとかデタラメ言うのもいい加減にして下さい(笑)

 

英会話の基本である白人アメリカ人英会話の練習もした事も無いのに、メッセージで筆談をして明日から急に白人アメリカ人の発音や発音方法を自由に操れるわけがありません。

メッセージ英会話は、英語圏ネイティヴの表現を学ぶには非常に有効です。

例えば

まだあの人が好きなの?

という文章を日本人に英訳をさせると決まってこう言います

Do you still love(like) him/her?

英訳教育の弊害ですね。意味は別に合っているので良いのですが、このワンパターンしかできない。

Do you still have feelings for her.

私はこの表現をフレーズ表などで学習したわけではなく、海外ドラマを見ていて学びました。アメリカ人の実際の会話から学んだわけです。

そういった意味で、筆談で日本人が想像できない英訳できないフレーズを学ぶためには良いですが、

決して英会話上達の近道ではないという事を知って下さい。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。