C01 英会話が上達しない

【第081回】正しい教師を得なければ、語学は絶対に伸びない。

語学も語学以外のスキルに言える事ですが、正しい学習方法を知らなければ、上達の道は一切塞がれてしまいます。


今まで様々な英会話教材を試してこられましたか?

そして、実際に外国人と英会話を繰り広げた時に、

「あ~」「う~」

なんて言葉が詰まって、結局会話にならなかったなんて恥ずかしい結果に陥っていませんか?

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



 


正しい教師を得なければ、語学は絶対に伸びない。

 

今、スピードラーニング(SL)が一番有名な英会話教材ですが、本記事を訪れる方の中でもかなりの数の方がSLに手を出したのではないでしょうか?そして結果は散々だったのではないでしょうか?

ハッキリお伝えします。スピードラーニングは受講者全てに有効な学習手段ではありません。

スピードラーニングは、一部の学習者において、補助的には有効な学習教材である。

これがSLの全てです。

私の本業はオンラインの広告作成やプロモーションの遂行です。

ですので、SLがどのように誇大広告を作成し、権威を使って見込み客の誤認を誘って購入させているかというテクニックを理解しています。

私は脳機能学や心理学の書籍を熟読しているので、なぜ聞くだけでは英会話が上達しないかを理解しています。

また、学習者には学習意欲が伸びる動機付けに様々なタイプがある事を熟知しています。

たとえ、広告塔のプロゴルファーが英会話が伸びていたとしても、それはスピードラーニングがメインの効果では無かった事を理解しています。

SLを信じて購入し、結局脱落してしまった沢山の学習者さん。それはスピードラーニングが正しい英会話教師では無かったからです。

毎日12分行うだけで外国人とコミュニケーションがとれるようになる方法って?


英会話を上達させるために、正しい教師を見つける事。

英会話の学習者さん。

必要な教師は一人だけではありません。

まず、私ぬのかわともひさは、英会話の初級者さんが基礎を学ぶためには最高の日本人教師です。

私ほど英会話の基礎を明確に定義し、学ぶべき方法を伝授している教育者は存在しない・・かもしれません。全ての英会話教材やウェブサイトや書籍に目は通せないですしね。

ただ、私だけを教師にしても、英会話は最大級には伸びません。それは私が日本人であり、20歳以降から英会話を本格的に始めたため、発音がネイティヴではないからです。

そのため、私はみなさんに発音を正しくするために学ぶべき方法を教えてます。

他の記事では、洋楽や、見るべき映像を紹介しています。

私は【良いもの】しか紹介しません。

私が紹介する記事や映像は、全て私自身の英会話コミュニケーション学習方法を学ぶ上で、素晴らしい補完の材料になると100%保証するものです。

是非とも英会話学習を楽しく継続して頂ける様願っています。そして、正しい学習法、正しい教育者を常に探してください。

 

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加




質問はいつでも受け付けています

コメントフォームは一番下にあります。 
 

コメント欄に「メールアドレス」ボックスがありますが、メールアドレスを記載する必要のない設定に変更しました

質問はいつでも受け付けていますので、気軽にコメントを残してください。通常ですと1時間以内に拝見し、回答は1日以内に致します。

記事に対してのお褒めの言葉は、全てプリントアウトして壁に飾っています。

EFSF18+公式アカウント 新記事・新映像・返信コメントの通知を受け取れます! 友だち追加



ぬのかわともひさ
アメリカン インテリジェンスサポート合同会社 代表社員 布川 友久 (Nunokawa Tomohisa) 米国ボイシー州立大学卒。会計学専攻財務金融副専攻 1979年3月25日生まれ。高校は偏差値45程。大学にはサッパリ合格せず、 父の助言もありパソコンと英語のみを勉強。 インターネットが全く整備されていない時代に、自力留学手続きの後 米国シアトルセントラルコミュニティーカレッジ(SCCC)へ進学。 留学当初は、偏差値45が示す通り、伸びしろの無い学生生活を送る。 しかし、ロバート・キヨサキ氏の助言により、会計学に興味を持つ。 会計学教師Mr. Michael O'niellの的確な指導により 勉強をして成績が備わってくる事の喜びをついに知る。 SCCC終盤には、大学内最難関クラスであるMr. James Hubertの Micro/Macro Economicsで、留学生でありながらクラス最高の成績を残す。 SCCC卒業後、日本に帰国。留学資金を貯めて再度アメリカへ。 自力手続きを終え、アイダホ州内Boise State Universityへ編入。 大学より奨学金を受領。 会計上級クラスに進級するうちに、大企業会計に興味を失う。 この頃から、インターネットを通じたマーケティングに興味を持つ。 また、世界金融破壊の発端となったアメリカ本土においての 金融学に興味を持ち、ファイナンスを副専攻に。 卒業後、日本へ帰国。2013年、アメリカン・インテリジェンスサポート合同会社設立。現在はWeb広告コーチ、コピーライティング、自身のセミナー開催、他者様のセミナー開催支援、そして留学サポートコーチとして活躍中。 アメリカンインテリジェンスサポートLLC
http://ameis.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。