【第237回】戦争によって引き起こされた、悲しみと暖かさのアラスカ・アイダホストーリーEmpty Chair Memorial | 【English First Step for 18+】 18歳からの英会話発音矯正コーチング
【第119回】英会話学習方法Zoom無料相談!偏差値45でもアメリカ州立大学会計学卒業・国際結婚・English First Step18+

【第237回】戦争によって引き起こされた、悲しみと暖かさのアラスカ・アイダホストーリーEmpty Chair Memorial

海外★感動ストーリー

【新チャンネル登録を開始しました‼】
18歳以上の英会話・偏差値45のアメリカ大学留学。全ての動画を5分以内に収め

■聞きやすく■理解しやすい■堅くない
英会話をコミュニケーションツールとして学ぶ方法、偏差値49以下貧乏学生でもアメリカの大学を卒業できた秘訣の公開を続けていきます。【こちらをクリックで登録可能です】

いつもの通り、困難な状況の中アメリカ留学を目指す男女学生さんに救いの知識を!勇気を!知恵を!と、Yahoo知恵袋をさまよっていたら、この様な珍しい質問に出会いました。

とある日系アメリカ人に関する記念碑の名称を、どう和訳するかで質問があります。

とある日系アメリカ人に関する記念碑の名称を、どう和訳するかで質問があります。 - アメリカ合衆国アラスカ州ジュノー市には、... - Yahoo!知恵袋
とある日系アメリカ人に関する記念碑の名称を、どう和訳するかで質問があります。 アメリカ合衆国アラスカ州ジュノー市には、地元ハイスクールを卒業生総代の名誉を以て卒業する筈だったにも関わらず、卒業式の1ヶ月前にアイダホ州のミニドカ収容所へ送致されたジョン・タナカと彼の家族を含めた、当時ジュノー市に居住していた53人の日系人...

本文は知恵袋上でお確かめください。

ジョン・タナカ。戦争と圧政により収容所生活を送ったが、戻った場所で地元住人の厚い支援を受ける。

(質問そのものが質問者により削除される可能性もありますので、引用文として残しておきます。)

とある日系アメリカ人に関する記念碑の名称を、どう和訳するかで質問があります。 アメリカ合衆国アラスカ州ジュノー市には、地元ハイスクールを卒業生総代の名誉を以て卒業する筈だったにも関わらず、卒業式の1ヶ月前にアイダホ州のミニドカ収容所へ送致されたジョン・タナカと彼の家族を含めた、当時ジュノー市に居住していた53人の日系人の無念を追憶する事と、戦後彼等が地元へ戻ってきた際に、生活の立て直しを支援した地元住民による対応を称賛する事を目的として、 タナカのクラスメート達が、卒業式の際に彼を含めた日系人達の存在を顕示すべく、会場に置いた空の椅子をモチーフとした記念碑である「Empty Chair Memorial」が設置されているとの事です。 https://en.m.wikipedia.org/wiki/Empty_Chair_Memorial そこで思ったのですが、同碑の名称に日本語訳を充てるとすれば、どういった和名が最も適当だと思いますか?

アラスカ州ジュノー市の場所

さすがにここを訪れた事のある日本人や、アメリカ人の出身者には会った事がありません…

戦争によって引き起こされた、悲しみと暖かさのアラスカ・アイダホストーリー

この質問に対する僕の回答です。

まずこの様な歴史的であり、悲しくも暖かくなる話を紹介してくれてありがとうございます。米国生活していましたが、初めて聞きました。
Empty Chair Memorialを和訳する場合ですよね。
これが映画になったりしたら作家が心に残る和訳をすると思うんですけどね。
恥ずかしながらとりあえずGoogle翻訳。
当たり前の結果ですけどね。
空の椅子の記念碑
ただ現地での名前もEmpty Chair Memorialなので、ここに日本人とか被害者とか訳すのは難しいので、サブタイトルになるでしょうこれは
空の椅子の記念碑
~日系人とアラスカ住民の絆~
~その席に座るはずだった日系人~
とかですかね。

アラスカとアイダホ。両方訪れた事がある。

シアトル留学中に、物凄い仲良くしていたお嬢さんがいました。そのお嬢さんの家族がアラスカのフェアバンクスに居るという事で、招待してくれたことがあるのです。本当に美しくて自然が溢れていて素晴らしい場所でした。

フェアバンクス to ジュノー

同じアラスカでも車で17時間かかる場所にあるアラスカ州ジュノー市。

さすがにアラスカを訪ねた事のある僕。アイダホ州に在住してた僕。耳には入らない出来事でした。

なので、今回この質問を目にした時は、まず、自分が知っている土地で、日系人が素晴らしい成績を残した事。

そして残念ながら卒業式には出られず、さらに収容所で厳しい生活を送りながらも、街に戻った際は地元住人の支援を受けた。そしてさらに出席できなかった卒業式のメモリアルが作られている。

小さなストーリーであるとは思うのですが、これを紹介してくれた今回の質問者さんに非常に感謝しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました